ごあいさつ

 本研究室では、子どもが育つ過程に生じる健康課題、病気や障害をもつ子どもやその家族の健康問題や危機的状況などに焦点をあて、学習・検討しています。胎児期から思春期までの小児各期の発達特性や健康生活の特徴をふまえ、健康問題が起こっている現象の理解を深め、問題解決に向けての看護的接近法を探求しています。

   健康・不健康を問わず、子どもの健康問題やその家族の健康問題に取り組み、以下のような研究を行っています。

  • 患児-看護師の相互交渉の研究
  • 病児や障害児をもつ家族の研究
  • プレパレーションに関する研究
  • 胎児異常の告知を受けた母親のサポートの研究
  • 育児ストレスに関する研究
  • 児童虐待に関する研究
  • 早産児・NICU入院児や母親のケアに関する研究

 院生の研究テーマは、子どもの服薬アドヒアランスに関する研究、先天性心疾患の子どもの病気説明に関する研究、青少年の健康に関する研究、幼児期の睡眠習慣に関する研究、育児期の母親のうつに関する研究、早期療育を受けている子どもの家族に関する研究、NICUに入院した児をもつ母親のストレスに関する研究などです。今年度は、病気説明に関する研究、発達障害児をもつ母親の育児感情に関する研究、早産児の父親の愛着形成に関する研究を行いました。

 臨床現場での問題に取り組み臨床に生かせる研究や、社会で起こっている子どもの健康問題について研究しています。臨床で働いている看護師の皆さまや、研究に取り組もうと考えている方、是非、本大学院の研究室でともに考えていきましょう。

 

名古屋市立大学看護学部・看護学研究科

成育保健看護学

教授 堀田法子